意外に知らない快眠のコツ

ぐっすり良質の睡眠が得られたら、目ざめも爽快! 働く意欲もわいてきます。快眠のコツあれこれを探ってみました。

サイトトップ > なんと厚生労働省が「快眠12ヶ条」を提案

スポンサードリンク

意外に知らない快眠のコツ

なんと厚生労働省が「快眠12ヶ条」を提案


ストレスだらけの現代、睡眠障害や不眠に悩むひとびとのために、なんと厚生労働省が「睡眠障害の診断・治療のガイドライン」なる指導要綱を発表していました。あえて「快眠12ヶ条」として、快眠のコツを紹介しましょう。


(1)睡眠時間はひとそれぞれ、日中の眠気で困らなければ十分、
(2)刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法(就寝前のカフェイン摂取などを避け、軽い読書や音楽でリラックス)、
(3)眠たくなってから床につく(ムリに寝ようとするから寝られない)、
(4)同じ時刻に毎日起床(早起きが早寝に通じる)、
(5)光の利用でよい睡眠(夜は暗い照明で)、
(6)規則正しい3度の食事・規則的な運動週間、
(7)昼寝をするなら15時前の20〜30分(夕方からの昼寝は熟睡に悪影響)、
(8)眠りが浅いときは積極的に遅寝・遅起きに(寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る)、
(9)睡眠中の激しいイビキなどや足のけいれんなどは要注意(背景に睡眠の病気がある可能性)、
(10)睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと(寝酒は深い睡眠を減らし、夜中に目ざめる原因となる)、
(11)十分眠っても日中の眠気が強いときは専門医に、(12)睡眠薬は医師の指示で正しくつかえば安全


意外に知らない快眠のコツ

MENU



スポンサードリンク