意外に知らない快眠のコツ

ぐっすり良質の睡眠が得られたら、目ざめも爽快! 働く意欲もわいてきます。快眠のコツあれこれを探ってみました。

サイトトップ > 正しく枕を使用することが第1条件

スポンサードリンク

意外に知らない快眠のコツ

正しく枕を使用することが第1条件


睡眠に適している枕は、身体に負担がかからない状態で眠ることができます。逆にわるい枕は身体のどこかに負担が生じてしまい、快眠・安眠を得ることができません。正しい枕で正しく眠るには、まず身体に負担がかからない状態、つまり根姿勢とはどんな状態かを理解しておく必要があります。


人間がまっすぐ立ったときの姿勢を横から眺めると、首から腰までの背骨はまっすぐではありませんよね。背骨は宇尾から腰にかけて、ゆるやかなS字を描いているはずです。この背骨の状態を睡眠中にも維持できるような枕が、身体に負担のない枕なのです。


さらに睡眠中はつねに一定姿勢ではないため、仰向けでも横向きでも自然な姿勢を確保できることが枕としての機能。自分に合った正しい枕選びのポイントは、ちょうどいい高さを選ぶことです。


仰向けで頭を載せたとき、顔が真上ではなくやや下方をむくことを目安にしてください。枕の正しいあて方は、枕を肩口にあたるまで寄せ、後頭部から首筋の部分を枕にしっかりと受け止めさせること。頭だけを枕に載せていると、頚椎(けいつい)のゆるやかなカーブが安定しにくくなります。枕は快適で健康的な睡眠を提供してくれるたいせつな寝具のひとつなのです。


意外に知らない快眠のコツ

MENU



スポンサードリンク